サイトマップ
 
■ あいさつ     ■ プロフィールの部屋   ■ タイアップの部屋
■ CDの部屋   ■ ギターの部屋      ■ ツアー情報の部屋
■ DVDの部屋   ■ ギター奏法の部屋    ■ インタビュー記事の部屋
■ 楽譜の部屋   ■ チューニングの部屋   ■ アレンジャーの部屋
■ 動画の部屋   ■ ギター、音楽関連サイト ■ 外部リンクの部屋
■ ネイル・スカルプチャーの部屋

ランキング参加中
banner2.gif ブログランキング

押尾コータロープロフィール

押尾コータロー

プロフィール
本名 : 押尾 光太郎(おしお こうたろう)
出身 : 大阪府吹田市
生年月日 : 1968年2月1日
キャッチフレーズ :「浪速が産んだ世紀の天才ギタリスト」


スティールストリングスのアコースティックギターを演奏する日本のスーパーギタリスト

中学校2年からギターを弾き始める。
学生時代は、ギタリスト・中川イサトのギター教室でレッスンを受けていた。

20歳を過ぎに東京へ移住。音楽専門学校に通う傍ら、ギタリスト岡崎倫典のギター教室にも通い、そこで同じくギタリストの小松原俊からもレッスンを受ける。

大阪に帰りバンド活動を始める。当時はベースを担当(メンバー募集でベースしか応募がなかった為)

バンド解散後、ソロギタリストとしての活動を開始。
また1度だけギターレッスンの講師をしていた事もあった。

同時期に、スティールパン奏者の山村誠一とユニット「VOICEQUN」(ヴォイスクン)を組んで活動。
その後、FM802のラジオ番組HIRO T'S MORNING JAMにおいてDJヒロ寺平がオリジナル曲を紹介したことが転機となり、注目を浴びるようになる。

インディーズから2枚のアルバムを発売した後、メジャーデビューした。
2002年、東芝EMIからアルバム『Starting Point』によりメジャーデビュー。

同年、モントルージャズフェスティバルに初出演。(以後、マイルス・デイヴィス以来の2年以上の連続出演を果たす)

同年、『アドリブ』誌、ニューエイジ部門賞受賞。

2003年、大阪市咲くやこの花賞受賞。

2006年、エスエムイーレコーズに移籍。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。