サイトマップ
 
■ あいさつ     ■ プロフィールの部屋   ■ タイアップの部屋
■ CDの部屋   ■ ギターの部屋      ■ ツアー情報の部屋
■ DVDの部屋   ■ ギター奏法の部屋    ■ インタビュー記事の部屋
■ 楽譜の部屋   ■ チューニングの部屋   ■ アレンジャーの部屋
■ 動画の部屋   ■ ギター、音楽関連サイト ■ 外部リンクの部屋
■ ネイル・スカルプチャーの部屋

ランキング参加中
banner2.gif ブログランキング

ギター奏法の部屋 ネイル・アタック

押尾コータロー ギター奏法の部屋

  ■ ネイル・アタック奏法(記号=五線譜上の×)

右手の薬指(+中指)の爪側を弦にぶつける奏法
動作としてはデコピンで、ストロークに近いものですが、きちんとした音を弾くというよりリズムをとるため、‘チャッ'というノイズを出す感じです。
押尾コータローの曲を弾くときに初めにつまずく奏法の1つですが、よく使用される奏法なので、しっかりマスターしましょう。

ギター奏法の部屋へ 

ランキング参加中

banner2.gif
ブログランキング




ギター奏法の部屋 パーム奏法

押尾コータロー ギター奏法の部屋

  ■ パーム奏法(記号=+)

ギターボディを叩いて音を出す低い打音
右手の手首に近いてのひらでサウンドホール上あたりを押すように叩いて音を出します。
ひじを軸にするのではなく、手首の動きで叩くのがポイント。ドラムのバス・ドラムのような役割をする。

ギター奏法の部屋へ 

ランキング参加中

banner2.gif
ブログランキング


ギター奏法の部屋 テクニカル・ハーモニクス

押尾コータロー ギター奏法の部屋

  ■ テクニカル・ハーモニクス奏法(オクト・ハーモニクス)(記号=Oct.Harm.)

左手でどこかのポジションを押え、その12フレット上のポイントに触れながらピッキングする奏法
ナチュラル・ハーモニクスの応用です。
(例)1弦2フレットを押えると、そこから、12フレット上にあたる14フレットがハーモニクス・ポイントになる
ナチュラル・ハーモニクスは開放弦を基準にいくつかの決まった音しかでませんが、テクニカル・ハーモニクスは人工的にハーモニクス・ポイントをつくることで、どの音程のハーモニクスもつくることができます。

ギター奏法の部屋へ 

ランキング参加中

banner2.gif
ブログランキング


ギター奏法の部屋 タッピング・ハーモニクス奏法

押尾コータロー ギター奏法の部屋

  ■ タッピング・ハーモニクス奏法(記号=T.Harm.)

ハーモニクスポイントを右手(中指)で叩き、ハーモニクスを出す奏法
右手の指先で1本の弦を叩いて1音だけハーモニクスを出す場合と、指がフレットと平行になるように複数の弦を叩いて和音のハーモニクスを出す場合がある。

ハーモニクス・ポイントについてはこちら

ギター奏法の部屋へ 

ランキング参加中

banner2.gif
ブログランキング


ギター奏法の部屋 ハーモニクス奏法

押尾コータロー ギター奏法の部屋

  ■ ハーモニクス奏法(記号=Harm.)
(ナチュラル・ハーモニクス)
独特な澄んだ綺麗な音(倍音)が得られる奏法
開放弦の時、ハーモニクス・ポイントに軽く触れながらピッキングすることで出します。(ピッキング後はすぐに離す)
通常は左手で触れて右手でピッキングしますが、右手の人差指でポイントに触れ、それ以外の指でピッキングして出す場合もあります。
コツは
・フレットの真中よりバーの真上に触れる。
・触れた指を離すタイミングとピッキングを合わせる。
五線譜上では、菱形◇の音符で記され、「Harm.○」のようにフレット番号が表記されている。またTAB譜では、数字を菱形◇で囲ってある。

ハーモニクス・ポイント
フレット 4・5・7・12・19
※これ以外にもハーモニクスのポイントは音は出しにくいがある。

ギター奏法の部屋へ 

ランキング参加中

banner2.gif
ブログランキング


ギター奏法の部屋 チョーキング

押尾コータロー ギター奏法の部屋

  ■ チョーキング奏法(記号=C)

ピッキング後、弦を押さえたまま指を押し上げたり引き下げたりして、音程を変える奏法

チョーキング奏法の種類
チョーキング・アップ(C.U.)
チョーキングをして音程を上げる。

チョーキング・ダウン(C.D.)
チョーキングした状態から弾き始めチョーキングしてない状態にもどす。

ハーフ・チョーキング(H.C.)
半音チョーキングともいう。半音分チョーキングをする。

クォーター・チョーキング(Q.C.)
半音の半分の音程(クォーター・トーン)までチョーキングする。実際は厳密にではなく、半音よりやや低めというニュアンス。

1音半チョーキング(1h.C)
1音と半音を足した高さまで音程を上げ下げするチョーキング。かなりの力がいるので、指2〜3本でするのが良い。

ダブル・チョーキング(W.C.)
チョーキングを使って2本の弦で同じ高さの音を出すテクニック。

ハーモナイズド・チョーキング
チョーキングを使って2本の弦で和音を出すテクニック。

ギター奏法の部屋へ 

ランキング参加中

banner2.gif
ブログランキング


ギター奏法の部屋 シェイク・ハンド・グリップ

押尾コータロー ギター奏法の部屋

  ■ シェイク・ハンド・グリップ

弦の押さえ方の一種
左手で握ったネックの上から親指を出し、6弦を押さえる方法です。6弦を消音するときにも応用され、親指が6弦に触れることで音を止めることもしばしばあります。
ギターの天才、故ジミー・ヘンドリックスが多用して一般的になった押さえ方です。
握り方が握手をしたようなので、この名前がついたと思われます。

ギター奏法の部屋へ 

ランキング参加中

banner2.gif
ブログランキング


ギター奏法の部屋 アルアイレ奏法

押尾コータロー ギター奏法の部屋

  ■ アルアイレ奏法(記号=al aire)

弦を弾いた後に指が次の弦に触れないようにする奏法
スペイン語で「空中へ」という意味です。和音やアルペジオのように隣り合った弦を両方響かせなくてはいけないときや、ギター全体のサウンドを響かせたい時に使います。
逆の奏法に、アポヤンド奏法があります。

ギター奏法の部屋へ 

ランキング参加中

banner2.gif
ブログランキング


ギター奏法の部屋 アポヤンド奏法

押尾コータロー ギター奏法の部屋

  ■ アポヤンド奏法(記号=apoyando)

弦を弾いた直後に次の弦に寄りかかるように触れる奏法
スペイン語で寄りかかるという意味です。音量も出しやすく、はっきりとした音が出るので、メロディーなどを十分に歌い上げたいときに効果的です。
逆の意味を持つ奏法にアルアイレ奏法があります。

ギター奏法の部屋へ 

ランキング参加中

banner2.gif
ブログランキング


ギター奏法の部屋 ラスゲアード奏法

押尾コータロー ギター奏法の部屋

  ■ ラスゲアード奏法(記号=Ras.)

フラメンコ奏法の一種。
ストローク時に、右手の小指から人差指まで、少し時間差をつけて順に弾き下ろす奏法です。
楽譜では、波線矢印と‘RAS.’で記してあります。感覚としては、普通のストロークが‘ジャーン’という感じなら、ラスゲアードは‘ジャララ〜ン’といった感じです。
その他、指の動きを分解した方が分かりやすい場合は、指を1本づつ別の音符で表したストローク記号になっている場合もあります。(コンドルは飛んでいくなど)

ギター奏法の部屋へ 

ランキング参加中

banner2.gif
ブログランキング


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。